妻 浮気

妻の浮気相手に制裁したい

妻が上司と浮気した現場をおさえた体験談と制裁方法。ワイフが不義をしているのかもと疑わしく感じたとき、大方は家内が使用している携帯電話を調査して、姦夫と不貞なLINEをしていないか、トリップのタイムテーブルが書いていないかどうか見ると思います。

 

他にも、ママが所有している車にGPSを隠し入れたりして、行動を追尾することもしますよね。

 

けれども、それだけでは裁判になった時に確かな不義の裏付けになり得ないことを知っているでしょうか?。

 

ハズバンドにとっては、嫁はんが男と軽率なラインのやり取りをしていて、キスしたいとか語り合っていたら、そういった意味合いの事は不倫ですよね?。

 

それに、嫁はんの不貞が不審に思うためにGPSで行く先を見張りをしている真っただ中で位置が泊る施設で止まったら、憤ってしまいますよね。

 

だけれども、裁判になった時には「不貞行為」が事実でなければ、不義とは評決されません。

 

他の男と嫁さんが性の営みをしていて初めて、法的な立場から不倫と査定されます。

 

視点を変えて言えば、上さんが浮気相手と性の営みをしていないのに、不義だと激しく問い詰めると、自らの方が悪くなってしまいかねない。

 

妻の浮気と制裁の失敗例

 

プルーフが貧弱な状況で、嫁はんの不倫を抗議して失敗したケース紹介。

 

音声録音機に録音した浮気相手と嫁さんのあえぎ声。

 

嫁のスケジュールがいぶかしくなり、ボイスレコーダーを鞄に忍び入れたりしておきました。

 

帰ってきて確かめてみると、密夫とセックスしているようね喘ぎ声が聴こえてきました。

 

こういったことは断固たる裏付けだと判断して嫁さんに問いただしたら、密通を是認しました。

 

にもかかわらず、いざ浮気相手に対して慰謝料請求をしようとすると、俄然見解を変えてしまったのです。

 

ホテルに自分ひとりで休憩に入り、間男と共にではないと。

 

そういったことは通用しないと受け止めましたが、ロイヤーに尋ねてみても、詰まるところ一緒に寝泊まりしている現場を動画撮影など資料として取っておかないと、訴訟面で確かな密会の裏書きになり得ないという判断。

 

妻の浮気の体験談

 

奥さんが車のシートの上で男とディープキスしていたのに・・・。

 

嫁はんの帰りが過度に遅いので、勤め口に行ってみたところ、もはやクローズしていました。

 

パーキングエリアに嫁の車があり、あろうことか奸夫とキッスしていました。

 

こちらは気絶しそうになってしまいました。

 

怒りのあまり、車のドアを開けて大声でどなりつけ、姦夫のビジネスカードを出させ、慰謝料催促を行いました。

 

けれども、後日間男のロイヤーから連絡が寄こされ、あなたがした行為は脅迫罪に当たるから、警察当局に被害届を提出すると知らされてしまいました。

 

その上、車のシートの上でキスしたという事実だけだと不倫じゃないので、密会の慰謝料を支出する義務は無いというのです。

 

こちらとしては尋常ではなく混乱してしまいました。

 

嫁さんが他の男とチューしている現場を見たにもかかわらず、不倫にならないなんてバカ言うなと憤りました。

 

帰するところ、示談になったのですが、当方としては悔しい心境です。

 

万が一にも妻の不倫が黒だったとしても、自分で報復しない方がいいです。

 

それは、自分の言葉で制裁措置を課すと、自分の立場が不利になってしまうからです。

 

相手に過失があるからと言って、家内を叫んで怒鳴りつけてしまった時には、DVと見なされて離婚裁判になった時などにはなはだ不利になります。

 

痛烈な語調で咎められたので心的外傷ストレスを患ったと診断書を書かれて、奥さんが法廷に手渡してしまいかねません。

 

ないしは、姦夫を打倒してやりたいと怒り狂う方もいると思いますが、奸夫に危害を与えると自分自身が捕らわれ者になってしまいます。

 

仮に身体的暴行を働かなかったとしても、激しい声で叱りつけてしまうと脅迫罪で被害届を出される事例も多数あります。

 

自分で制裁措置を加えると、実に情けない終わりになることが大方である。


ダイエット ダイエット ダイエット ダイエット ダイエット ダイエット ダイエット